Author Archive

安心して医師に任せたい人

医療機関では脱毛をする為の施術を受ける事ができますが、受けられる施術の一つとして挙げられるのがレーザー脱毛です。
医療用のレーザーを利用して脱毛する方法ですが、照射力の高い機器になりますので、効果的に脱毛する事ができるのです。
その為、しっかりとムダ毛を無くしたいという方に適している脱毛方法ですが、他にもレーザー脱毛が適している人として挙げられるのが、施術に安心感を求めている方です。
レーザー脱毛というのは医療機関専用の脱毛方法ですが、医療機関という事もあり医師が常駐しています。}PgžxQ
その為、施術に対しても安心感を持つ事ができますし、また、もしお肌にヤケドなどの症状が出てしまった場合でも速やかに治療を受ける事ができます。
脱毛をする際にはエステサロンなどを利用するという方法もありますが、エステサロンなどですとすぐに治療を受ける事ができませんので、比較してみると安心感が大きく異なると言えます。
また、医療機関の場合は麻酔を利用できるというメリットもあります。
レーザー脱毛は少なからず痛みを伴いますが、麻酔を利用すれば無痛での施術も可能ですので安心です。
医療機関ならこういったメリットがありますし、大切なお肌への施術ですので医療機関の利用を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

とにかくムダ毛を徹底的に排除したい人

全身の毛が多くてとにかく気になるという女性は多いです。いつも隅々まで隈なく自己処理をしているものの時間もかかるし、手間もかかります。そして特に夏場は肌の露出が増えるので、剃り残しがないようにとより一層気を使わなければなりません。カミソリで処理をしても数日後にはすぐにチクチクと毛が生えてきてしまうので、剛毛な方はとても大変です。新幹線02だからとにかくムダ毛を排除したいと考えている人はレーザー脱毛を受けるべきです。すっきりと剛毛から解放してくれます。腕も脚もすっきりと毛をなくすことができるので、自己処理の必要もなくなります。だから手間がかかることが一切なくなります。剃り残しの心配もすることがないので、安心して外出することができます。だからキャミソールを着てもどの角度から見られても安心です。肩やうなじや脇も脱毛が可能なので、気になるところをすべて排除することができます。水着を着ても脱毛を受ければ、自信が持てます。前日に隅々まで自己処理をする必要はありません。カミソリは不要になります。ミニスカートもショートパンツだっていつでも気軽に楽しめるのです。ファッションを思う存分に楽しめるので脱毛はとっても魅力的です。

レーザー脱毛に適している人

レーザー脱毛に適している人は、毛が太くて濃い人です。そんな風に言うと驚かれる人も多いかもしれませんが、本当のことです。自己処理の難しかった剛毛ほど、脱毛では早く脱毛効果があらわれます。それは、脱毛マシンのレーザーにムダ毛の中にある黒いメラニン色素に反応するという性質があるからです。レーザーをムダ毛の気になる部位に照射すると、黒いムダ毛に反応してムダ毛を成長を促す毛母細胞を破壊します。この時、太くて濃い剛毛ほどレーザーのエネルギーを吸収しやすいため、早く脱毛効果が出るのです。}PgžxQ逆にメラニン色素の少ない産毛や茶色っぽい毛、白髪等ではレーザーのエネルギーが十分に伝わらないため、脱毛効果が得られにくいようです。つまり、毛深くて悩んでいる人ほど脱毛が適しているというわけです。自己処理を続ければ、デリケートな肌を傷つける一方です。脱毛を行って、ムダ毛の悩みから解消すると良いでしょう。早く脱毛を始めれば、それだけ自己処理による肌のダメージは少なくて済みます。無料でカウンセリングを行ってくれるクリニックもたくさんありますから、ムダ毛に悩んでいる方は一度相談に行かれてみてはいかがでしょう。きっと、もっと早く来ればよかったと思うはずです。

脇やデリケートゾーンの濃い毛におすすめ

レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛より強い光を当てて脱毛していきます。
光は、黒い色に反応して、毛の元になる細胞を破壊して、毛を生えてこないようにします。

そのために、レーザー脱毛は、脇やデリケートゾーンのような、
濃い毛を脱毛するのにとても効果的です。
また、一度照射された毛穴からは、二度と毛が生えてこなくなります。

しかし、レーザー脱毛に限らずどの脱毛方法でも、一度の施術で全ての毛をなくすことはできません。
なぜなら、人間の毛には、毛周期という生え変わりのサイクルがあるためです。車05 車06

毛は、生えはじめてから成長を続けていきますが、成長が終わると退行していき、
最終的には抜け落ちてしまいます。
このサイクルを続けているので、肌の表面に生えている毛は、全体の20~30%ほどです。
脱毛の施術をしても効果があるのは成長期の毛のみです。
ですから、抜け落ちた毛や退行期の毛にはいくら照射しても効果がありません。
繰り返し施術をすることで、退行期だった毛が成長期になる時に照射し、毛をなくしていきます。
レーザー脱毛の施術はとても強い光なので、フラッシュ脱毛に比べると、
通う回数もすくなくて済むメリットがあります。
個人差もありますが、1年も施術を受ければムダ毛がきれいになります。

フラッシュよりも効果大

一般的に、レーザー脱毛の方がフラッシュ脱毛よりも脱毛の効果は大きいと言われています。脱毛の仕組みが同じでも、マシンが異なるのです。レーザー脱毛で使用されるレーザー機器はクリニックにだけ使用が許可されている医療機器なのです。そのため、照射力が強いのが特徴なのです。レーザー脱毛は、照射力が強い分、高い脱毛効果が期待できると言われているのです。車05レーザー脱毛は、ムダ毛以外の皮膚に影響を与えることがありません。とても肌に優しいというメリットがあるのです。また、レーザー脱毛は、高出力でピンポイントで高い効果を上げることができるのです。脱毛のやり方としては、直径0.5cmから1.2cmのレーザーを皮膚の上から当てるだけなのです。脱毛をしたい範囲全体にこれを繰り返せばいいのです。レーザー光はムダ毛のメラニン色素に反応します。そのため、毛の濃い部分のメラニン色素の多い部分ほど脱毛時の痛みは強くなります。痛みは少々ありますが、脱毛を完璧にしたい方やムダ毛は絶対に許せないという方にはもってこいの方法なのです。レーザー脱毛の料金はエステによって違ってくるので、最初にきちんとスタッフに確認をすることが必要になってきます。

レーザー脱毛の効き目

クリニックなどで行われる、レーザー脱毛で行う脱毛は、エステのフラッシュ脱毛よりも抜群の効き目があります。なぜそのような効き目があるのでしょうか。
その理由としては、クリニックで使われるレーザーは、フラッシュ脱毛よりもはるかに強い照射力があるためです。この照射力が強い機械を扱えるのは医療関係者のみで、そのためクリニックだけで行われています。また、メラニン色素の強い部位への効き目は特に強いです。これは元々、あざやシミを取る技術を応用したものだからです。ですから、特に濃い体毛、たとえばワキ下であるとか、VIOゾーンの体毛を処理するにはお勧めの脱毛方法です。逆に、薄い体毛にはあまり効かないこともあります。車04
クリニックでの処理は、大体2か月から3か月に1度の割合で、約6回通うことになります。もちろん個人差がありますので、人によっては4回ほどでほぼ脱毛が終わることもありますし、6回通ってもまだ完全に脱毛しきれないこともあります。長引くのが心配な場合は、一定期間一律料金で施術を受けられる、保証付きプランがいいでしょう。保険が適用されないのですべて実費負担となりますが、最近はクリニックでも、エステのようにキャンペーンを行う所も増えています。

永久脱毛が可能な理由

せっかくプロの手による脱毛を受けるのなら、ムダ毛処理から永久に解放されたいと思うものです。
ところが、永久脱毛が可能な施術は限られてきます。
レーザー脱毛やニードル脱毛が永久にムダ毛から解放される理由は、毛乳頭を完全に破壊するからです。
ムダ毛は毛根から栄養をもらって生えてきますが、その栄養は毛根にある毛乳頭で作られます。
この毛乳頭がムダ毛の命とも言えるところで、いくら自己処理で生えてきたムダ毛をカットしてもこの毛乳頭を破壊しない限りはずっと再び生え続けてくるのです。車03
そのために永遠にムダ毛を生えないようにするためには毛乳頭を処理することが必要なのです。
レーザー脱毛はクリニックならではの強い照射でこうした毛乳頭を完全に破壊するので、ムダ毛が生えてこなくなります。
同じくニードルでの脱毛も電流を流して毛乳頭を完全に破壊するのでムダ毛が再び生えてくることがないのです。
ただしこうした脱毛法でも、施術が完了するまで回数を通い続けないと効果がありません。
毛乳頭は交代に休みますので施術した時期に休眠しているものもあるからです。
もう周期に合わせて施術を繰り返すことによって、完全に脱毛ができるようになるのです。

メラニンに反応する理由

エステの光脱毛よりも値段は高いですが、効力も高く本当の意味での永久脱毛が可能なことから、人気が高いのがレーザー脱毛です。気になる部分に光を当てるだけで脱毛ができちゃうという、とっても簡単な方法なのですが、なぜそれだけでお手入れができるのか、その理由をご存知の方はそう多くはないようです。そこで、脱毛の仕組みを簡単に説明します。
何と言っても注目したいのが使用するレーザーです。いくつか種類がありますが、どれもメラニンに反応するという性質を持っています。簡単に言うと、黒い色にのみ選択的に反応し、熱ダメージを与えるのです。}PgžxQ
レーザー脱毛を行う際は、前日位に照射部位のムダ毛を剃るのですが、それは毛が長く伸びていると、その伸びた部分に光が反応し、やけどなどの肌トラブルの恐れがあるためなのです。そこで長く伸びた部分を剃ることで、毛の元とも言える毛母細胞に効率よくダメージを与えることが可能となるのです。
また、黒い色つながりでは、日焼けした肌やしみ、ほくろ、そしてタトゥーの肌にも光を照射できない場合があります。そういった部分をレーザー脱毛できれいにするのは諦めるほかないのですが、どうしてもきれいにしたいというなら、電気脱毛という方法で脱毛することは可能です。

レーザー脱毛のメカニズム

レーザー脱毛のメカニズムは、フラッシュ脱毛とほぼ同じです。
ムダ毛部分に特殊なレーザーを照射することで、ムダ毛の毛根にある毛母細胞という毛が生える元になる細胞を熱のダメージで破壊することにより、その後ムダ毛が再生しないように抑制するというものです。
レーザーはメラニン色素と呼ばれるムダ毛の黒い色素に対して反応するため、毛の色が黒であれば全身どの部位にも施術が可能です。
フラッシュ脱毛との違いはその威力の高さです。
レーザーはフラッシュに比べて出力が高く、ムダ毛を処理する能力が優れているとされています。
そのためレーザーのほうが少ない施術回数で脱毛が完了し、より長い期間脱毛効果が持続します。}PgžxQ
持続期間はほぼ永久的とも言われており、長期間にわたって仕上がりをキープしたい人には最適な脱毛方法です。
レーザーを照射する際には熱のダメージが毛根とその周囲の肌に伝わりますので、一瞬チクリとするような痛みを感じることになります。
痛みの感じ方は個人差、また施術箇所による違いがありますが、通常は我慢できないほどの強い痛みではありません。
ただし例えばデリケートゾーンなど皮膚の色素が濃い部位は他の部位に比べて痛みを強く感じやすいため、必要に応じてクリーム状の麻酔が使用されることもあります。