レーザー脱毛のメカニズム

レーザー脱毛のメカニズムは、フラッシュ脱毛とほぼ同じです。
ムダ毛部分に特殊なレーザーを照射することで、ムダ毛の毛根にある毛母細胞という毛が生える元になる細胞を熱のダメージで破壊することにより、その後ムダ毛が再生しないように抑制するというものです。
レーザーはメラニン色素と呼ばれるムダ毛の黒い色素に対して反応するため、毛の色が黒であれば全身どの部位にも施術が可能です。
フラッシュ脱毛との違いはその威力の高さです。
レーザーはフラッシュに比べて出力が高く、ムダ毛を処理する能力が優れているとされています。
そのためレーザーのほうが少ない施術回数で脱毛が完了し、より長い期間脱毛効果が持続します。}PgžxQ
持続期間はほぼ永久的とも言われており、長期間にわたって仕上がりをキープしたい人には最適な脱毛方法です。
レーザーを照射する際には熱のダメージが毛根とその周囲の肌に伝わりますので、一瞬チクリとするような痛みを感じることになります。
痛みの感じ方は個人差、また施術箇所による違いがありますが、通常は我慢できないほどの強い痛みではありません。
ただし例えばデリケートゾーンなど皮膚の色素が濃い部位は他の部位に比べて痛みを強く感じやすいため、必要に応じてクリーム状の麻酔が使用されることもあります。

コメントは受け付けていません。